歴史」タグアーカイブ

【本】17009『司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像』一坂太郎

司馬史観とよく言われるが、日本人の歴史観は、司馬遼太郎の影響力が強すぎるらしい。 本書は、史料をもとに、司馬遼太郎の描かなかった人物像(主に吉田松陰、高杉晋作)を書く、というものだ。 結論から言うと、本書を読んだからとい… 続きを読む »

【本】17007『大学入試問題で読み解く 「超」世界史・日本史』片山杜秀

大学入試という一つの問題をきっかけに、それに関連する歴史をおさらいすることができる。 解説が詳しいので、その歴史を知らなくても理解することができる。 中世を代表する神学者トマス・アクィナスは「お金を儲けたら、すぐに使うよ… 続きを読む »

【本】16146『ビジネスエリートの新論語』司馬遼太郎

サラリーマンについて、司馬遼太郎が語った一冊。 封建時代の武士や、徳川家康に例えながら語るのは面白い。 当時の社会保障制度について、「国家がやるべき仕事を家庭におしつけている」と批判しているのは面白い。現代はまさに、そう… 続きを読む »

【本】16125『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』野口 悠紀雄

知の共有に関して、歴史的な考察を加えた一冊。 現在では、『「知識は無料で提供されるのが当然」という考えが支配的』だが、昔は違った。 そもそも、知識は権力の源泉でもあった。 例えば、『聖職者は、神の教えを独占することで人々… 続きを読む »

【本】16080 代表的日本人 by 内村 鑑三, 鈴木 範久

本著は、「代表的日本人」として、西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮という5名を挙げて、それぞれの方について述べています。 この本の内容を評価する上で、当時の時代背景を考慮する必要があります。 当時は明治維新後で… 続きを読む »