書評」カテゴリーアーカイブ

【本】17140『イスラーム入門 文明の共存を考えるための99の扉』侍留 啓介

灘の先輩でありイスラム学者である中田先生の本。 ちょっと難しくて一読しただけでは分からない。 ただ、別の視点で捉える練習にはなりそう。 機会をみて読み返す。 80 解放党 平和的なカリフ制樹立を目指す国際イスラーム政治団… 続きを読む »

【本】17139『新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法』侍留 啓介

情報の収集・分析について。 「なぜ」を5回繰り返す、3回情報を掘り下げるなどは、横山禎徳先生もよく言っている。 知識がなければ、現実の物理空間で起こっていることを認識することもできない そうした積み重ねが、「それっぽい話… 続きを読む »

【本】17138『「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える』永井 孝尚

「好きなことで、誰もやっていないこと」をやる。 これに尽きる。 医師では専門医をとってからキャリアに悩む人が多いらしい。それって好きなことをやってない証拠だろう。 あなたが狙うべきは完全独占だ。つまり「好きなことで、誰も… 続きを読む »

【本】17137『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~』山口 周

変化が早すぎてルールが追いつかない、だから自己規律が大事だ、という話。 最近流行っている仮想通貨を利用したICOなどはまさにそんな感じだ。 自分のなかに善悪の基準を持つべきというのは同意する。 筆者はライブドア当時のホリ… 続きを読む »

【本】17136『理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件』成毛 眞

新しいものに興味があって、刹那主義で未来志向で、コミットの範囲が明確で、コミュニケーションが合理的。 これが理系脳らしい。 変化を厭わない方が生き残りやすいのは、赤の女王の例でもある。 理系脳とはすなわち、これからも急速… 続きを読む »

【本】17135『資本主義の終焉、その先の世界』水野和夫、榊原英資

分析はわかるが、得られる結論が私と違う。 「ゼロ成長が普通になる」、「少し不便な方がいい」というのはなんとなく聞こえがいいが、老人の戯言に過ぎない。 現在の日本の社会保障はすでに借金を抱えているので、これを維持するには成… 続きを読む »

【本】17134『AIが人間を殺す日 車、医療、兵器に組み込まれる人工知能』小林雅一

キャッチアップのために読んだが、驚くような内容はなかった。 『ディープマインドは、血液検査のデータをディープラーニングで機械学習し、ここから「腎臓病」の発症予測(予防)や早期発見に結び付けるAIシステムの開発に着手した。… 続きを読む »

【本】17133『世界史を創ったビジネスモデル』野口悠紀雄

ローマ帝国繁栄の源泉を「多様性の確保」と「フロンティアの拡大」として、その本質を現代に応用しようと考察している。 歴史の本として読んでも面白い。 ローマ時代・大航海時代の市場化、多様化、分散化から、産業革命後に組織化、同… 続きを読む »

【本】17132『植物のあっぱれな生き方 生を全うする驚異のしくみ』田中修

動物好きなので植物も手を出してみようと思ったら、これは面白い。 植物もきちんと多様性を確保するための工夫がされている。 一方で、イネ・ダイズは自家受粉。 やっぱり飼い慣らされると多様性を求めなくなる。こうはなりたくない。… 続きを読む »