【本】『スタンフォード式 最高の睡眠』西野 精治#51

投稿者: | 2017-08-07

最初の90分の眠りの重要性、また睡眠の質をどのように上げるかがわかりやすく解説されている。睡眠時間をどう削るのがもっともダメージが少ないかなど、アドバイスが実践的で良い。

レム・ノンレムの周期にかかわらず、睡眠の質は、眠り始めの90分で決まる。 「最初の90分」さえ質が良ければ、残りの睡眠も比例して良質になるのだ。

ショートスリーパーは遺伝

ショートスリーパー以外の普通の人は、最低でも6時間以上眠るのがベストだ

最初の眠気のタイミングを絶対に逃してはいけない。眠くなったらとにかく寝てしまわないと、その後、深い眠りは訪れず、いくら長く寝てもいい睡眠にはならない

入眠時に意図的に皮膚温度を上げて、深部体温を下げる。この「上げて、下げる」というのが良質な眠りには欠かせない。

スマホやパソコンが睡眠に影響を与えるのは、ブルーライトというよりも、操作で脳を刺激してしまうことにあるといえる。

入眠の直前には脳が眠りを拒否する「フォビドンゾーン(進入禁止域Forbidden Zone)」というものがある。

Pocket